よくあるご質問

Project PAIとは?

Project PAIは、誰もが自分のパーソナルAI(PAI)を作成、管理、使用できるように作られた、オープンソースのブロックチェーンベースのプラットフォームを開発しています。 PAIブロックチェーンプロトコル(PAIブロックチェーン)を使用すると、アプリケーション開発者はPAIエコシステムの上にサービスを作成し、ユーザーはPAIデータを提供してプラットフォームのAIネットワークを改善し、強化することができます。 さらに、企業や開発者は、PAIブロックチェーン上に独自のトークンを作成すれば、独自の取引システムを作ることができ、ユーザーにユニークな経験を提供することができるでしょう。PAIブロックチェーンのすべての交流の原点はユーザのネット上の行動のデータから作成された、知的3Dアバター、PAIです。

Project PAIの分散型経済システムのビジョンとは?

プロジェクトPAIのビジョンは2つに分けられています。

ProjectPAIは世界中の誰もがPAIブロックチェーンで自分のPAIを作成して、アクセスできる未来を想像しています。 PAIはあなたの声、見た目、行動や仕草、考え方から作られた知的分身、3Dアバターです。PAIはあなたのネット上の分身として活躍し、新しいスキルを学ぶことができ、作業を実行することができます。有名人、芸術家、医者、政治家、誰もが自分のネット上の個人情報の所有権を持つべきです。PAIは認証された、現実的なデジタル分身として機能します。

PAIブロックチェーンの上でPAIを作成するすべての人は、PAIブロックチェーン独自の資産を所有、使用、管理できます。分散型のシステムの参加者として、PAIブロックチェーンで収集されたすべてのデータは、ユーザのみが所有できます。ユーザーはPAIブロックチェーンに参加すると補償をもらうことができ、自分のデータがどのように、誰に使われるのかを管理することができます。

Project PAIはどうやって世界中の人に人間中心主義の分散型情報経済(ヒューマニスティック分散型情報経済)を参加させるんですか?

人間中心主義の分散型情報経済(ヒューマニスティック分散型情報経済)はすべての人がプラットフォーム上で行う活動に対して報酬を与える経済システムです。報酬の額と報償方法は需給市場によって決定されます。

Project PAIはどのユーザでも、そのユーザーのデータや作業、他のユーザーのデータの認証、個人AIアルゴリズムの改善に向けた計算リソースの提供など、PAIブロックチェーンへの参加を補償することができます。 ユーザーは自分のPAIを管理、収益化することもできます。プロジェクトPAIはPAIcoinを使ってプラットフォーム上の参加者を報酬します。 PAI Blockchainでアプリケーションを開発する開発者は、PAIcoinを使用した作業に対する報酬も受け取ることができます。

Project PAIにはどういう人が関わってるの?

プロジェクトPAIは、プロジェクトに取り組んでいる経験豊富なブロックチェーンエンジニアと開発者と協力しており、まもなく一般参加のためにGitHubを開設する予定です。Alex Waters氏はProject PAIの技術アドバイザーであり、2010年からブロックチェーンテクノロジーのエコシステムに深く関わってきました。Bitcoin Coreのオープンソースプロジェクトの開発者として働いたり、Waters氏は様々なベンチャー企業を立ち上げました。Coin.co、仮想通貨とブロックチェーンの研究機関の1つであるApexをふくむプロジェクトを立ち上げました。さらに、様々な人と企業がProject PAIを実現させようとしています。AI専門会社のObenは、Project PAIのビジョンを採用し、PAIブロックチェーンプロトコルの開発にリソースを提供しているいくつかの企業の1つです。 ObENの人工知能技術は、人間のように見え、話し、行動するPAIを迅速に作成することができます。AIのフルスタック技術は、スピーチ、コンピュータビジョン、AIアニメーション、国語処理にまたがる技術を使って、現実的でインテリジェントな3DAIアバターを作成します。 ObENの研究開発はすべてカリフォルニア州パサデナにある本社で行われています。 ObENはTencentやSoftbank Koreaなどのトップ投資家の支援を受けています。ObENは、AIアバターをより安全にするため、そしてAIアルゴリズムの品質をさらに向上させるために、分散型PAIブロックチェーンを使ってのコンピューティングパワーを利用する計画です。さらに、ObENはPAIブロックチェーンに参加し、パーソナルAI技術を使用してさまざまな経験を生み出します。

PAIとは?

PAI(パーソナルAIの省略)はあなたとそっくりで、喋り方や考え方も同じの知的分身3DAIアバターです。ObENのAI技術で作られたPAIはユーザが使う限り、学習し続けもっと使いやすくなります。ブロックチェーンで暗号化されたPAIはユーザの個人情報を守り、ユーザだけにしか使えない分身です

PAIはどうやって作るの?

PAIの作り方は簡単です。スマホで自撮り写真をアップすれば、数秒以内にPAIが作れます。ユーザがセリフを読んで、録音したら、PAIはユーザと同じ声で喋ることができます。このユニークなPAIでPAIブロックチェーンで認証、登録することができます。

PAIはどうやって認証されるの?

基本的なPAIを作成するために必要な要素(声の録音と自撮り写真)は認証者が確認するものです。収集されるデータと認証方法についての詳細は以下のチャートで述べています。この認証プロセスはあなたの証明書(PoY)とも呼ばれます。この認証システムはCAPTCHA式システムと相互認証システムの両方を使用して、 PoYプロセスの完全性を保証します。 すべての認証者は、まず認証を実行する資格を得るために、独自の個人証明書(Proof of You)プロセスを完了する必要があります。

Proof of your process

「Proof of You」(個人証明書)とは? なぜPAIを証明しないといけないの?

「Proof of You(PoY)」はPAIが表す人物に実行される承認・認証プロセスです。 ユーザが自分のデジタル分身を自由に使えて、信頼できるピアツーピア(P2P)AI経済を実現するためにはすべてのPAIが認証され、正しい持ち主のPAIであることを証明する必要があります。 PoYプロセスは、他人の個人情報・見た目を使用してPAIが作成されないこと、およびユーザ自身が自分のPAIの管理と使用できることを保証します。 認証が完了されますと、PAIをPAIブロックチェーンで登録することができます。 信頼できる認証と安全な登録により、Project PAIはPAIが最終的にKYCとして将来的に活躍することを想定しています。

どういう人が認証者(オーセンティケータ)になれるの? 方法を教えてください。

誰でも認証者(オーセンティケータ)になることができますが、すべての認証者候補は、自分の「Proof of You」プロセスを完了して、PAIブロックチェーンに登録して資格を取得する必要があります。 このプロセスが完了すると、認証者(オーセンティケータ)は自分の携帯電話(AndroidおよびiOS)に承認済みアプリをダウンロードし、PAIを認証してPAIブロックチェーンに興味を持っている世界中のユーザーからのデータ送信を認証できるようになります。 「PoY」プロセスの不可欠なコンポーネントとして、オーセンティケータ(認証者)は作業の報酬としてPAIcoinで補償されます。認証サービスの支払いとしてユーザから支払われる場合もあります/.

PAIはどいうデータから作られるの?

基本的なPAIを作成するために使用されるデータは、画像、ビデオ、および音声サンプルを含むバイオメトリックデータです。 PAIが成長・学習するにつれて、医療、財政、PAI相互作用、IOT相互作用、またはポイントサービスを含むサービスからのデータもユーザのPAIを改善するために使用されます。

ユーザーのデータ、または個人情報は登録・認証されたPAIの所有者が所有・管理します。 ユーザーのPAIはこのデータから学習し、ユーザーのために働くことができます。 ユーザーはPAIを収益化することもできます。PAIブロックチェーンを改善するために自分のデータを共有したり、開発者がPAIブロックチェーン上で提供する経験・サービスを改良したら、ユーザーは補償されます。

PAIはどうやってアクセスできるの?

PAIはPAIブロックチェーン上の承認済みPAI対応アプリケーションを通じて、モバイルデバイス(AndroidおよびiOS)でアクセスできます。 アプリ開発者はObENの技術を使用して、様々なサービスと経験にPAIを導入することができます。最先端のセキュリティ技術と二段階認証システムはPAIと個人情報を保護するために使用されます。

携帯電話が紛失・盗難された場合は?安全に新しい携帯電話でPAIを取り戻せるのだろうか?

PAIを作成・登録する時にユーザーは12の復元フレーズを作成します。これはもしも携帯電話が紛失した時にPAIコインとPAIを復元するために使う「ペーパーキー」です。

PAIは何に使えるの?

Project PAIはPAIがデジタル空間であなたのために働いてくれる知的分身だと思っています。PAIは、時間や場所に限りなく、ユーザーから独立して働くことができ、ユーザが習っていないスキルも習うこともできます。 パーソナルAIの使い方は様々です:PAIはスケジュールを管理したり、夜ご飯の予定を立てたり、買い物をしたり、さらに旅行中にユーザを誘導するARツアーガイドで働くこともできます。あなたの個人用パーソナルAIアシスタント、とでも言えるでしょう。デジタル空間でより多くの交流が行われるようになれば、PAIはさらに学習し、さまざまな言語を習ったり、コミュニケーションを含む高度なスキルを習得しデジタル空間でのユーザーのスキルを拡大することができます。 さらに、日常的の作業の多くをパーソナルAIに任せることで、自分の好きなアクティビティを楽しむ時間を増やしたり、家族や友達と過ごす時間を増やすことができます。

PAI技術で何ができるの?

PAIブロックチェーンプロトコルはオープンソースなので、誰でもPAIブロックチェーン上でPAIを使った経験・サービスを開発することができます。 医師のチャットボットと話して定期的な健康診断を行ったり、または世界中のセレブ・アイドルと直接ファンと交流できるPAIサービスを作ったり、様々なユースケースがあります。 PAIブロックチェーンでは、ユーザーが開発者とデータを共有して、PAIエクスペリエンスを向上させ、改善することもできます。

PAIブロックチェーンで「ピアツーピア」(Peer to Peer) PAIアプリを使うために、どのようにPAIブロックチェーンプロトコルをデザインするの?

PAIブロックチェーンは、公共インフラストラクチャーとして存在するオープンソースプロトコルです。 PAIブロックチェーンはBitcoinブロックチェーンプロトコルに基づく、全く新しい独立したプロトコルであり、その目標はさまざまなタイプのAIプログラムとサービスに対応することです。 誰でもPAIブロックチェーン上にアプリケーションを開発することができます。

どうして、PROJECT PAIはビットコインプロトコルでPAI技術を開発することになったの?

ビットコインに基づいた新しいプロトコルを開発することで、PAI独自のアプリケーションのプロトコルとブロックチェーンのカスタマイズが可能になります。 マスマーケットでの導入を実現するためには、プロトコルとブロックチェーンがBitcoinプロトコルに基づいたモバイル機能に最適化されていることが重要です。 さらに、BitcoinプロトコルのUTXOトランザクションモデルは、ビジネス導入に有利です。

安全性・セキュリティーは?

PAIブロックチェーンがBitcoinブロックチェーンに基づいて開発されている理由は、ビットコインのブロックチェーンが最も安全で最も広く使用されているからです。 プロジェクトPAIは、速度の問題を軽減するために、Lightning NetworkのようなダウンストリームBitcoinアップグレードを導入しようとしています。 さらに、Project PAIは、ネットワーク中断を最小限に抑えて、適切に拡張するための対策を独自に開発しています。

毎年採掘されるPAIコインの枚数を教えてください。

PAIcoinの最大発行枚数は21億枚であり、PAIcoinの初期発行枚数は14億7000万枚である。 開始ブロック報酬の1500は、210,000ブロックごと、または約4年ごとで半分になります。

20-year paicoin halving schedule

マイナーはどう報酬されるの?

Bitcoinの派生通貨であるPAIcoinマイニングは、ビットコインマイニングアルゴリズムと互換性があります。採掘者(マイナー)は、作業証明(PoW)を使用してブロックチェーンで発生する取引の有効性を認証します。解決策が見つかると、採掘者(マイナー)は報酬としてPAIcoinを受け取ります。 PAIcoinの最大発行枚数の30%は採掘者に配分されます。

PROJECT PAIのさまざまな企画やプロジェクトの開発のロードマップを教えてください。

2018

年第一四半期

  • PAIコインメインネットの公開

    完了
    2018年、2月23日にメインネットが公開されました。PAIコインの取引とブロックチェーンでの全ての活動をpaichain.infoで見ることができます。
  • PAIコインQTウォレットの開発

    完了
    PAIコインコアリポジトリには、基本的なGUIを備えたウォレットを実行するのに必要なコードが含まれています。詳細はここをご参考ください。github.com/projectpai/paicoin
  • アンドロイド & iOS モバイル・ウォレット

    完了
    PAI Upは、PAIコインの保管、送受信、およびパブリック/プライベートキーペアの作成とローカル保存を可能にする、軽量で分散型のデジタルウォレットです。 paiup.comでiOS版とアンドロイド版のウォレットのダウンロードが可能です。
  • 認証アプリ

    完了
    認証アプリを使用すると、KYC ID確認プロセスを実行する者にPAIコインを補償として支払います。これは後でパーソナルAIの所有権を証明するときにも使われます。

2018

年第二四半期

  • PAI 認証ウェブアプリ

    保留中
    PAI認証のウェブアプリは、クラウドソースによるアイデンティティーの確認を可能にするパブリックコンソールとして計画されました。
  • PAIブロックチェーンでの初モバイルアプリ

    進行中
    第三者開発者によるモバイルアプリの起動を有効にします。PAIコインのデータ共有トランザクションによって促進される認証アプリでKYCを利用する可能性があります。 PAIコインのデータ共有トランザクションは、PDP 2とProject PAIの技術ホワイトペーパーで説明されているように、PAIブロックチェーンの暗号化データ(この場合はアイデンティティ検証ビデオ)へのポインタを不変性とセキュリティのために永続的に埋め込みます。

2018

年第三四半期

  • スマート・コントラクト

    進行中
    チューリング完成(Turing-complete)仮想マシンは、イーサリアムの精神で、開発者がPAIブロックチェーンをサポートするノードによって実行される任意のプログラムを実装できるようにします。プロジェクトPAIはコミュニティーの皆さんのアイデアやユースケースなどをお待ちしております!いつでもそのアイデアを共有してください。Custom reference implementation: https://github.com/projectpai/rskj Thin client implementation: https://github.com/projectpai/bitcoinj-thin
  • トークン生成

    完了
    "PAIブロックチェーン上のトークン(別々の通貨)は、PAIコインと同じブロックチェーン上で作成され、取引され、同じノードおよび採掘者によって検証されます。 参考ー Custom reference implementation: github.com/projectpai/counterparty-lib/tree/paicoin Smart node implementation: github.com/projectpai/paicoin/tree/paicoin-counterparty
  • 使いやすい開発ツール

    評価中
    このツールセットにより、技術に精通した消費者は、アプリ内クレジット、ゲーム体験、クラウドファンディングなどのために、独自のPAIトークンを作成することができます。遅延の理由:スマート・コントラクト機能の保留中。これはまだ開発中です。

2018

年第四四半期

  • 早期採用者と人工知能(AI)「Proof of Useful Work」 テスト

    進行中
    「Proof of Useful Work」は、「Proof of Work」コンセンサス・メカニズムを再設計し、要求されたプロセス(例えば、AIの計算)に検証されたエネルギーが必要であることを把握する研究プロジェクトです。
  • PoW / PoSハイブリッド・コンセンサス・メカニズムの提案

    進行中
    パブリックP2P PAIコインネットワークの安全性と安定性を向上させることを目的としたコンセンサス・メカニズムのプロトコルレベルの変更 2018年12月20日に一般に公開されることを提案

2019

年第一四半期

  • 専用のチップ開発

    保留中
    「Proof of Work」コンセンサスは計算が必要であり、効率とスピードはGPUと専用ASICチップを使用して改善することができます。
  • PAIウォレットのオープンソースコード

    進行中
    PAIコインの独立したモバイルウォレットの開発を簡単にするオープンソースソフトウェア
  • オープンソースのPAI認証ツール

    進行中
    フロントエンドのアイデンティティデータキャプチャとバックエンド検証ツールを含む、エンドツーエンドのKYC用のブロックチェーンベースのソフトウェアスイート。

2019

年第二四半期

  • 要求に応じで使用するブロックチェーンデータストレージ

    完了
    ブロジェクトPAI技術ホワイトペーパーに記述されている通りに完成。特殊なPAIコインデータ共有トランザクションは、不変性とセキュリティのために、ブロックチェーン上にPIIへのポインタを永続的に埋め込みます。データそのものは別のトレント(Torrent)ネットワークに保管され、分散化されています。 参考:github.com/projectpai/paicoin/tree/master/contrib/data-share
  • PAI-人間主義情報経済ツール

    進行中
    PAIコインとを保証としてもらう代わりに、クラウドソーシングを介してアンケートやタスクを実行し、要求するためのソフトウェアツール。
  • PAIコインAPIのサポート (決済サービス、データ保管)

    進行中
    使いやすい開発者ツールと一般コンシューマー向けアプリで、PAIコインをオンラインで販売し、POSで受け付けることができるようになります。

免責条項
プロジェクトPAI財団は、上記のロードマップでプロジェクトPAIコミュニティのメンバーと協力しています。このロードマップは2018年12月13日に作成されたものであり、将来の仕事であり予告なしに変更される可能性があります。プロジェクトPAIコミュニティーが上記のマイルストーンを完成させるという保証はありません。 PAIブロックチェーン分散型プロトコルであり、ネットワーク参加者によって将来の改善や変更が行われる可能性があります。

プロジェクトPAIのロードマップにはBitcoin作業証明(Proof-of-Work)システムを改善したアップデートが含まれています。これは採掘者(マイナー)にPAIブロックチェーンに人工知能、機械学習、ディープラーニングのための計算能力に貢献するように設計されたシステムです。PAIcoinトランザクションを認証すると同時に人工知能技術は学習し、ディープラーニングアルゴリズムを改良します。Bitcoinシステムに消費されるエネルギーと計算力の代わりに、「作業証明」はこれらのリソースをより効果的に使います。

マイナーはどうやってPAIコインを採掘できるの?どういう設定が必要なのでしょうか?

PAIcoinを採掘(マイニング)するためには、採掘者(マイナー)は最初にpaicoin-qtと呼ばれるオープンソースリポジトリウォレットをインストールする必要があります。これはソフトウェアに含まれているオプションです。PAIcoinの採掘には、2xSHA-256互換のマイニングソフトウェアまたはハードウェアを使用することができます。

なぜ「Proof of Stake」ではなく「Proof of Work」なの?

作業証明(Proof of Work)はビットコイン で長年使われ、実証されました。 したがって、最初の実用化はBitcoinのモデルに従います。

どれぐらいのデータが必要ですか?ストレージ容量が大きくなかればなりませんか?

基本的なPAIは大量のストレージやデータを必要としませんが、PAIが学習し・成長するにつれて、より多くのストレージ・データを使い始めるでしょう。 Project PAIは、分散されたデータストレージのBitTorrentベースのプロトコルを活用します。このプロトコルは、ユーザーのPAIデータを暗号化して安全に保護・保管します。

PAIブロックチェーンネットワークの全てのノードにデータは格納されるのだろうか?ネットワークが遅くなるのでは?

最初のリリースでは、データは信頼できるノードに格納され、全体のPAIブロックチェーンネットワークの一部を形成します。 信頼性が高いノードはProject PAIが所有および実行するサーバーです。オンデマンドで使用するためのブロックチェーン上のデータストレージは、Project PAI開発ロードマップに従って、Project PAIが今後取り組む予定の課題です。

個人情報の安全性は?

Project PAIのデータストレージは個人のプライバシーのことを考えて、ローカルストレージデバイスでしかユーザーデータをアクセスすることができません。 ユーザーのデータは分散型のBitTorrentベースのプロトコルを通して、暗号化、格納、送信されます。このデータはユーザーの鍵で暗号化されます。 つまり、特定のPAIの所有者だけがこのデータにアクセスできます。

なぜブロックチェーンにAI(人口知能)何ですか?なぜ分散型であるべきですか?

元々のBitcoin採掘(マイニング)は大量の電力と処理パワーを「無駄」に使います。『Proof of Useful Work」システムを実施すると、AIアルゴリズムは無駄に使われていたリソース(電力と処理パワー)をより効果的に使うことができます。ブロックチェーンの計算の副産物として機械学習モデルが実行されます。

「AIはなぜ「民主化」と「分散化」を必要とするのか」については、現在のところ、AIモデルを開発するために使用される多くのデータは少数の大規模組織・企業によって管理されています。このデータの多くは企業に収益化され、公共のために使われていません。分散型のプラットフォームを開設することで、データは個人のユーザーの管理下に置かれ、ユーザーは共有するデータを自分で決めることができます。

PAIコインがなくても、PAIは作れますか?

世界中の誰もが自分のパーソナルAIアバターを作成し、個人データをコントロールできる未来を想像するのがProject PAIの使命です。このビジョンにしたがって、PAIの使用・作成は無料です。PAIを使うと、徐々に学習していき、ブロックチェーン上の全てのPAIの改善に至ります。他のブロックチェーンと同様に、PAIとPAIトランザクションの認証に役立つ採掘者(マイナー)と認証者(オーセンティケーター)はPAIcoinで補償されるため、PAIを認証するにはPAIcoinで少額の支払いが必要になることがあります。アプリケーションとサービスは、PAIブロックチェーン上で開発され、PAIの特定の機能を利用します。 これらのアプリケーションやサービスは、PAIcoin経由の支払いが必要な場合があります。

ProjectPAIはプライベートキーやネモニックコードをどこかに保管してるのでは?

プロジェクトPAIはユーザーのプライベートキーまたはニーモニックコードのコピーを保管しません。

RETURN TO TOP